工夫をしていくべき|家庭教師のアルバイトで、遊びに使うお金をいっぱい稼ごう

工夫をしていくべき

書類を持っている女性

家庭教師として大事なことは単純に勉強だけを教えることではありません。
授業というのはそもそも教科書に沿った内容だけではどうしても多くの生徒がつまらなさを感じてしまいます。そもそも家庭教師を依頼するということは学校の勉強を理解してないから依頼するわけなので、学校の授業とまったくおなじような授業をしても意味がないのです。つまり大事なのはいかに生徒を楽しませるのか?そこからしっかりと考えていく必要があるでしょう。
あなたが通っていた学校にもおもしろい先生っていませんでしたか?ただ淡々と授業を進める教師もいれば、途中で雑談をよくはさむような教師もいたと思います。
もちろん学校の勉強に雑談は必要ないですが、ただ勉強するだけでは眠くなったり集中力が続かなくなったりして結局黒板に書かれたことをノートに書くだけで終わり……という人が多いでしょう。それでは全然意味がないわけです。しかし授業の合間に雑談を軽く入れ込むことによって生徒は気分をリフレッシュできるので、飽きずに授業を受けやすくなります。これをあなたも家庭教師のアルバイトで真似すればいいのです。もちろん雑談ばかりではダメなので、勉強を7割くらい雑談を3割くらいにすればバランスもとれて生徒も楽しくあなたの授業を受けることができると思います。また勉強の内容についてもただ答えを教えるのではなく、いろんな比喩表現をしながら教えていけばよりスムーズに理解してもらえるかもしれません。特に難しい問題ほどわかりやすく何かにたとえながら教えることで、なるほどと思ってもらいやすくなります。